FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影の道具

私自身が写真に興味を持ったのは、中学生の頃。
その当時新聞配達小僧だったので、貯めたお金でニコンFEと50mmレンズを買ったのが始まり。
今は時代がデジタルに移行したので、義父から安く譲り受けたD200が本体となっている。

D200には、広い範囲に対応出来るズームレンズを装着していた。
デジタルは撮り直しが効くし、現像もいらないから経済的でもある。
しかし写真が上手くなったとは全く感じられない。

逆にゴミみたいな写真が多数増えてしまった。
結局デジタル機種は、様々な事に対応し易いので、自分に見合った撮影スタイルにカメラを合わせる必要が有る。
もしそれもいやなら全てオートで対応するしかない。

この所思い立って昔使っていたフィルム時代のレンズを引っぱり出しD200に装着して使っている。
ニコンならレンズマウントのデザインがフィルム時代から踏襲されているので昔のレンズがそのまま使える。
今私が使っているのが、50mm f1.4と28mm f2.8のレンズだ。
005_IMG_6623.jpg

それぞれデジタル換算75mmと42mmとなる。
それぞれ1.5倍しないといけないからねえ。
これらのレンズの良い所は、開放状態での明るさかなあ。

これ以前に主流で使っていたのが、現代の28-200mmズームレンズ。
明るさは、3.5-5.6なので、単焦点レンズより暗い。
特徴は軽くて便利なこと。

しかしレンズ内部でなにやらカラカラと音がして一部壊れている様だ。
たまに引っ掛かる症状も出ていた。
撮影の最中に引っ掛かる事も出て来たので、今はメインから外した。

デジタルになって便利になり、機械を使いこなす前に、機械に使われている気がした。
そこで改めて原点回帰。
単焦点レンズでどこまで表現出来るか、試してみようと思う。

comment

Secret

プロフィール

996SPS

Author:996SPS
趣味は、イギリス旧車、釣り(主に海)、トレッキング&登山などのアウトドア系、読書、音楽鑑賞、ピアノ(なかなか上達せず)などのインドア系。

年に数回、アイコンの愛車ロータスヨーロッパで、阿蘇周辺を走り、温泉や旨い物を楽しむのが好きです。

引き続き子育て真っ最中ではありますが、子供も成長し少しづつ手離れしてきました。
今年からは、自分の為の時間も増やしつつ、家族との時間も楽しむ生き方に変えていきます。

ここでは、子育てや趣味、起業ネタ、時事のニュース、健康管理や発達障害などなど、ジャンル関係無しに書き綴ります。

まとまりない文章の時が多いですが、これからもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Amazon
リンク
ClubT
オンラインでデザイン、注文できるTシャツ屋さん
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。