FC2ブログ

子供の付き合い

学年も上がって、子供の付き合いの幅が広がってきた。
しかし親として必ずしも安心してはいられないこともある。
例えば、我が物顔で動く他所の子供対策。
これまでは家の前でのボール遊びなども許してきたが、ご近所さんが新車を買ったので、止めさせることにした。
車が有れば、一緒じゃんと言われそうだが、理由がある。
そのお宅は、古いながらきれいに車を乗ってこられた。
常にピカピカに磨き上げられていた。
そこの旦那が、新車に替え変えたのだ。
数年に1回車を買い替えられる家ではない。
これから長く足に使うつもりだろう。
そんな車に傷をつけるきっかけになりそうなボール遊びは、やはり駄目だろうなとようやく気が付いた。
ただしこの理由は、第2位。

第1の理由は、別にある。
この頃遊びに来ているお友達で、結構激しく動く子供がいる。
相手の親御さんのことは、残念ながら面識が無い。
こちらの注意をまず聞かないので、速攻で遊びを禁止した。
被害が近所に拡散する前に、芽を摘む方法だ。
既にボールの蹴り込み1回、進入禁止エリアへの侵入1回。
判断するに、これだけで十分だった。
この子はこちらの忠告を守らない。
他人の家のお菓子や、飲み物を平気で欲しがってくる。
これまでに付き合いのある、親との付き合いがあるお宅との子供とは、明らかに何かが違う。
よってこちらから、積極的にシャットダウンすることにした。

複数の子供に接していると、面白い事に気が付く。
それぞれの家庭のしつけの問題かも知れない。
他所に遊びに来ていると認識して、その家の最低限のルールを守る子。
あまり言うことを聞かず、どんどん好き勝手がエスカレートする子。
今回距離を置く必要が有ると考えた子供は、丁度後者に当たる。
この子には、自分を大きく見せようとする虚言癖もある様で、親との連絡がスムーズに取れない以上は、遠ざけるつもりだ。

この対応に、冷たいと感じる人もいるかも知れないが、我が家に遊びに来ている子供達の監督責任は、我々にある。
最低限のルールすら守れない子供の面倒までは見る余裕はない。
それは楽しく遊んでいる他の子供達への対応を優先させたいからだ。

子供には、親と連絡が取れるお友達を家に呼んだり、そちらの家に遊びに行くことだけは、これまで通り許すこととした。
プロフィール

996SPS

Author:996SPS
趣味は、イギリス旧車、釣り(主に海)、トレッキング&登山などのアウトドア系、読書、音楽鑑賞、ピアノ(なかなか上達せず)などのインドア系。

年に数回、アイコンの愛車ロータスヨーロッパで、阿蘇周辺を走り、温泉や旨い物を楽しむのが好きです。

引き続き子育て真っ最中ではありますが、子供も成長し少しづつ手離れしてきました。
今年からは、自分の為の時間も増やしつつ、家族との時間も楽しむ生き方に変えていきます。

ここでは、子育てや趣味、起業ネタ、時事のニュース、健康管理や発達障害などなど、ジャンル関係無しに書き綴ります。

まとまりない文章の時が多いですが、これからもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Amazon
リンク
ClubT
オンラインでデザイン、注文できるTシャツ屋さん
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示